A寝台シングルデラックスの部屋の様子

A寝台シングルデラックス

1編成あたりの個室数は瀬戸号・出雲号それぞれで6部屋用意されています。

サンライズ瀬戸・出雲いずれも1編成あたり6室あります。A寝台と呼ばれるグレードはサンライズエクスプレスではこのシングルデラックスだけです。

広さ

ざっくり畳3畳程度の広さですが、その中にベッド、机と椅子、洗面台とそれ以外にフリースペース少々という驚くべき空間です。

6部屋ともすべて4号車または11号車の2階に配置されていて、部屋内の歩く箇所だけに関して言えば最高身長180cm程度の人までなんとか快適に立てるようにしているようです。

アーチ状に設計されていてベッドと机のある場所は天井がもう少し低くなっていますが立つ場所ではないので高さは必要ないという判断でしょう。

設備

  • 椅子
  • 洗面台
  • タオル掛け
  • デスクライト
  • 空調
  • 全室禁煙
  • 煙探知器あり
  • ラジオあり
  • 目覚ましアラームあり
  • 車内放送スピーカーあり
  • 4桁設定ドアロック

シングルデラックス専用アメニティ

他の個室と同じく通常の備品は以下になります。

  • 浴衣
  • スリッパ
  • 寝巻き
  • 紙コップ

それ以外にシングルデラックスには専用のアメニティが部屋に備え付けられています。
サンライズ瀬戸のアメニティグッズ

  • ヘアブラシ
  • T型シェーバー
  • シェービングフォーム
  • 石鹸
  • 洗顔フォーム
  • 歯ブラシセット
  • ヘアゴム
  • 綿棒
  • シャンプー
  • リンス
  • ボディソープ
  • サニタリーバッグ
  • タオル
  • ポケットティッシュ
  • シャワーカード(シャワールームはシングルデラックス利用客専用がある)
  • 靴磨き用紙

ほぼホテル並みといえます。

その他

通路から直接ドアではなく階段を2段程度上がって90度曲がって進行方向または逆方向いずれかにドアがあります。

部屋はすべて海側に面しています。したがって上り列車で真夏の早朝に富士駅付近で部屋からゆったりと富士山を見るということはできません。

通路に出て立ち見です。

寝心地・居心地など

これは主観的な話ですが、2階であるという特性上大いに揺れるのは仕方なく寝心地は良くはありません。

また地上から離れているほうが揺れも激しいため居心地も決して快適とはいえません。

部屋の広さと供給されるアメニティでプレミアム感を味わうことはできますが、正直一度体験すれば十分なものと思います。

もちろん揺れても騒がしくても一切気にならずに眠れるという人であればこの上なく快適な寝台列車の旅を楽しめる個室ではあります。

喫煙・禁煙

1編成6部屋x2方面のうちそれぞれ3部屋ずつが喫煙可能です。

写真

管理人が旅行したときの写真です。部屋の広さがわかりやすいように自分も一緒に撮りました。見苦しいことお許しください。

サンライズ瀬戸のシングルデラックス

サンライズ瀬戸のシングルデラックス

サンライズ瀬戸のシングルデラックス

サンライズ瀬戸のシングルデラックス

サンライズ瀬戸のシングルデラックス

▼通路は片側のみ部屋で片側は窓から外が見える。部屋はすべて太平洋側に面している。サンライズ瀬戸のシングルデラックス

シングルデラックスを利用したときのエピソード記事もあります。

サンライズのシングルデラックスにはデスクがあるのでブログでも書こうとパソコン開いたが無理だった

自分で窓口に行って切符を買うのが面倒な場合はツアーがいろいろありますので検討ください。

タイトルとURLをコピーしました