/* VALUECOMMERCEリンクスイッチ広告用 */ /* Google AdSense用 */

夜半すぎ出発の寝台車乗るときの食事に関する話

夜半過ぎ出発の寝台車乗るときの注意
半分ネタみたいな話なんですけどちょっと我ながら笑えない話だったので一応みなさまにもシェアしておこうかなと思って残しておきます。

サンライズ瀬戸に乗るスケジュールってのが東京発22時じゃないですか。その日に仕事が終わって帰宅したのが6時ちょっと前だったんですよ。家から東京駅まで約2時間でして最悪8時に出れば間に合うような状態だったんです。

で、時間があるので一食浮かせようなんてスケベ心おこして自分でご飯を炊いておにぎりを作ったんです。それが悲惨な結果を招きました。

食事のスケジュールを良く練っておかないと悲惨になるよって話

出発前の夕飯

その日がたまたま西友の5%オフの日だったもんで会社帰りに西友にも寄っていくつか買い物を仕込んだんです。で冒頭画像に一緒に写っているのが唐揚げなんですけどちょっと量が多いんですよ。

夕飯直前に買い物するとつい食べ物を買いすぎてしまうという現象がありませんか?まさにそれです。夕飯前なので自分の食べられる見通しが5割増しぐらいになっちゃってて唐揚げは大きめのを買うわ、おにぎりは3個も作るわでちょっと通常の自分ではもうそんなに食べないだろってレベルなのに麻痺してしまっているんです。

平常心でいられないんですね。

東海道線のホームではおにぎりを食べるのはちと恥ずかしい

なんでだろう?上野駅のホームではおにぎりをカバンから出して食べるのにそんなに抵抗を感じないんだけど東京駅のホームとなるとちょっと抵抗を感じます。やはり東京のほうが上野よりソフィスティケイテッドされているからでしょうか。

とにかくおにぎりを作ったら早めに食べないと時間が遅くなって健康上よくないのについつい後回しにしてしまったんです。

一番落ち着いて食べられるのがサンライズ瀬戸の個室に入ってからだというのは確かに言えるんですけどそれだと22時になってしまうじゃないですか。そんな時間におにぎりだの唐揚げだの大量に食べたらどうなるかもう想像できてもいい年なんですけどね。

サンライズ瀬戸の個室内で無理やり食べきる

おにぎりはまあいいですよ。味もそんなにつけてなくてフラットな味ですから。

でも唐揚げは濃くて失敗でした。濃い味で油で揚げてある肉なんてそんなに22時すぎにたくさん食べるもんじゃありません。

2個かせいぜい3個で十分すぎます。それを6切れぐらいあったかな。もったいないといういつもの癖でついつい無理に食べきってしまったんです。

でどうなったか。

胃もたれして眠れませんよ。ただでさえ眠れない環境(ガタゴトゆらゆら寝台列車)なのにそこへ胃もたれです。帰りたくなりました。

眠ろうと目をつぶっていてもあまりにも気分悪いのでいっそのこと吐いちまおうと立ち上がって部屋から出かけて「あれ起き上がるとそうでもない」なんて思って我慢することにしたりして。

それでなんとか少しだけ眠って朝を迎えましたが、さらに問題は続くのです。

岡山駅で仕出し弁当三好野の弁当を受け取るも食欲なし

▼岡山駅ホームで三好野の人から弁当を受け取って記念写真撮る
岡山駅ホームにて三好野の人から弁当受け取る
まあしっかりなぜか一緒に記念写真なんて撮ってますけど食べたい気持ちゼロですから。

ちなみに岡山駅近くの三好野さんという弁当屋さんは電話だけで現金引換で弁当を1個から届けてくれます。そういう情報をゲットしてぼくも今回弁当を受け取ることにしたんですけどどうにも食欲無しでしてさていつ食べようかなと。

終着駅(高松)に着いても食欲出ない

まあそもそも食べられるような場所もないんですけど、とにかく食べたくないので持って歩きます。

すぐ金刀比羅宮に行こうと思っていたのと、その前にホテルに荷物を預けたいなと思っていたのでホテル近くの駅まで行くことに。

とはいえ本当に食べたくないけどどこで食べようかとそればかり考えてました。

一泊目泊まるホテルのある宇田津駅から降りて自転車でぐるぐる付近を回りましたが適当な公園もないし本当に困ります。

仕方ないので弁当は持ったまま荷物だけホテルに一旦預けました。

仕出し弁当を一人前持って金刀比羅宮詣でです。

弁当を食わずに違うものを食べてしまう

金刀比羅宮まで自転車で到着したのもそこそこ運動になってしまったのですが、さらに階段を登るのが死ぬほどきついとは想像しきれていませんでした。

さて自転車をどこにおいておこうと表参道の階段前で思案していたら門前のとらやという旅館兼食堂のばあさんが声をかけてきました。

「おにいさん、自転車停めるんだったらうちの前に停めといていいよ。帰りに一杯うどん食べてってくれれば。行きに食べてってもどっちでもいいよ」

とこういうのです。ああ、うどんを食うのと引き換えに自転車を停めさせてくれるのはありがたい。しかしうどんを帰りに食うか行きに食うかどちらにしよう・・・と悩みました。

本来なら手持ちの弁当を先に食べて時間をおいてからうどんを食うのがまっとうな気がするのですが、このときは宇田津駅から琴平まで自転車漕いでくたびれていて、すでに思考力も落ちています。

弁当を持ってお参りに行ってももしどこでも食べるところがなかったらずーっと飲まず食わずで帰ってこなければならない。それはそれで危険だ。だったら少々ここで腹を満たしておいたほうがいいのではないか。

そう考えました。この頃にはうどん一杯ぐらいなら食べられる程度に腹は空いてきています。

結局どこで食べたのか、それとも食べずに期限切れで捨てたのか

そして金刀比羅宮の階段をおもむろに登り始めます。

途方もなく登ります。

しかしやっと人通りが少なく、ベンチもあり、周りも食事するのに不適格な環境でなく、しかもやや空腹という状況に巡り会えました。

▼しかしバッグに縦にして入れていた弁当はすっかり中身が寄ってしまってあまり美味しそうな見た目ではなくなってしまってました。

金刀比羅宮奥院行く途中で弁当

しかしそれでも清々しい景色の中で食べる三好野の弁当は最高です。

まとめ

岡山駅で買った弁当を結局金刀比羅宮の境内で食べるということになってしまってまったく腹の予定がメタメタになってしまいました。

このことを教訓として踏まえ、サンライズ瀬戸等の寝台列車を利用するときは早めに夕食を済ませておきましょう。

でないと眠るのも眠れないしせっかく予約して買った弁当も出来たてを食べ損なうという憂き目に遭います。

タイトルとURLをコピーしました